シズカゲルに配合されているビタミンC誘導体の効果とは?

オールインワンゲルとして肌の調子を整えるシズカゲルは、複数のビタミンC誘導体を持ち美肌に役立つ成分として知られています。

ビタミンCを単体で肌につけても分解されてしまうので、ビタミンC誘導体ならば皮膚に吸収されてからビタミンCへと変わり持続性に優れています。

シズカゲルには、2種類のビタミンC誘導体が含まれているので、違いを理解しておくと良いです。

持続性ビタミンC誘導体(3-O-エチルアスコルビン酸)

持続性ビタミンC誘導体(3-O-エチルアスコルビン酸)
シズカゲルに含まれる持続性ビタミンC誘導体は、水溶性ビタミンC誘導体とも呼ばれていて肌への浸透力の高さに定評があります。

抗酸化物質としてのビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑えつつ、肌細胞の酸化を防いでくれるので潤いを保つ保湿効果と合わせて美肌に役立つわけです。

肌の水分量を保ちつつ美白効果が期待出来るので、同時に抗シワ作用も働いています。

ビタミンC自体が本来水溶性のビタミンであって、肌細胞の保護して活性酸素による害を防ぎ、コラーゲン生成を促す役割を持っていますが体内では合成出来ない成分です。

そこで、食品として体内に吸収するか、肌表面からはビタミンC誘導体という形で皮膚に浸透させてから体内でビタミンCに変わるよう工夫されています。

持続性ビタミンC誘導体と呼ばれているのは、体内に入ってもすぐに壊れてしまうことなくビタミンCを肌細胞へしっかりと届ける役割を持っているからです。

脂溶性ビタミンC誘導体(テトラ2-へキシルデカン酸アスコルビル)

脂溶性ビタミンC誘導体(テトラ2-へキシルデカン酸アスコルビル)
シズカゲルにはもう一つのビタミンC誘導体として、脂溶性ビタミンC誘導体が配合されています。

水溶性ビタミンC誘導体は肌への浸透力が高いものの、皮脂の分泌を抑えてしまう傾向があるので、脂溶性ビタミンC誘導体を同時に配合することで肌にある脂質に溶け込んでより肌の深い部分にまで浸透可能です。

真皮にまで届いてビタミンCに変わることで、より長時間ビタミンCを肌細胞へ提供し続けることが出来ます。

オイルへの馴染みが良いので、真皮が乾燥してしまわないようにする役割も持っていて、シワが発生する原因となる乾燥を抑える役割も持っています。

シズカゲルは、モイストキープエマルジョン処方により、肌の奥深くまで複数のビタミンC誘導体を届けることが可能です。

美白効果によりメラニン色素の生成を抑える

ビタミンC誘導体が真皮まで深く長時間留まることで、美白効果が長く続きます。

肌水分量保持によりシワが生成されることを防ぐ

モイストキープエマルジョン処方により、持続性と脂溶性ビタミンC誘導体が両方ともに真皮に届くことで、肌の保湿と美白を両立させてシワの生成を抑えます。

まとめ

まとめ
シズカゲルには、持続性に優れた水溶性のビタミンC誘導体と、皮脂に馴染みやすく肌の奥深くまで浸透する脂溶性ビタミンC誘導体の両方が配合されています。
どちらか一方だけが処方されている製品とは異なり、美白と保湿を同時に長時間行えるので、肌細胞の酸化を防いで潤いを保ちつづけることが出来るわけです。

シズカゲル