シワの原因は乾燥!対策は?

シミやしわを防止したいのであれば乾燥への対策をセットで考える必要があります。
肌が乾燥していると肌荒れの原因となり、肌の再生力が弱まってしまいます。

しわが増える可能性があるだけでなく、保湿力によって肌の回復力がかわるため乾燥対策は必須になっているのです。

乾燥対策

乾燥対策
乾燥対策は肌を保湿するだけでなく、日々の習慣の見直しも大切になります。

意外なことが乾燥に繋がってしまうこともあるため、一つ一つ乾燥の原因をチェックしていくのがおすすめです。

紫外線を対策

意外に見落としがちなのが紫外線対策です。
紫外線は肌にダメージを与えシミやしわの原因となることでも有名ですが、肌の再生能力にも影響を与えます。

紫外線によって肌の再生に必要な細胞が傷つけられてしまうとコラーゲンなどのうるおい成分の生産量が少なくなることがあるのです。

紫外線は雲などをつきぬけて地上に届くため、曇りの日や雨の日でも対策が必要です。
冬でも紫外線が降り注いでいるのもポイントで、乾燥が気になる場合は紫外線対策もセットで考えるのがおすすめになります。

加湿器を使う

部屋の湿度を調整するのも大切な乾燥対策です。
自分の部屋だけでなく職場の乾燥に悩む人もいますが、電源不要で机における加湿グッズなども販売されているのがポイントになります。

パソコンのUSBが利用できるのであればUSBから電源を取るタイプの加湿気を使うという方法もあります。

働く人の健康に気を使う職場も増えているため、必要であれば許可を貰って設置してしまうのも方法です。

自宅であれば部屋の大きさにあわせた加湿器の購入や、小型の加湿器の追加も視野に入ります。

ミスト化粧水を使う

忙しいときにさっと肌に水分を補給できるのがミスと化粧水の魅力です。
肌が乾燥しがちな場合は積極的に利用するのも方法で、中でも保湿性の高いものを使うと効果を実感しやすくなります。

注意したいのは爽快感重視のミスト化粧品を使う場合です。
中には保存性と爽快感を高めるためにアルコールが含まれているものもあるからです。

アルコールでも加熱して成分を飛ばしているものであれば問題がありませんが、肌に触れて気化する際に周囲の水分を奪ってしまうこともあるのです。

ミスト化粧品を使っても乾燥が気になる場合は成分の見直しが必要になることもあります。

また、より効果を実感したいのであればハンドプレスで肌に馴染ませるなど一工夫を加えるのをおすすめします。

乾燥にはシズカゲルを使う!

乾燥にはシズカゲルを使う!
シズカゲルは保湿成分がたっぷり含まれていて、シミやシワ対策に使いやすいのが特徴になっています。

美白成分も含んでいるためうるおい肌と美白の両立がしやすいのも魅力で、多くの人に選ばれる理由にもなっています。

シズカゲルは単体で使っても効果を感じる人もいますが、より効果を高めるための工夫を加えるのも方法です。

1.気になる部分には重ねづけ

シズカゲルは顔全体に利用するだけでなく、気になる部分に重ねづけすることで効果を高める方法があります。

公式ホームページでも気になる部分に重ねづけをすることが提案されていますが、誤ったつけ方をするとマイナスになってしまうこともありえます。

まず、重ねづけをする場合は一度肌に馴染ませたあとに少量を加えるのが基本になります。

塗りすぎても肌に馴染まずに無駄になってしまう成分が出てくるからです。
力を入れてこすったり、塗り込んだりしないことも大切です。

肌への強い刺激がしわやシミの原因となることもあるため、優しく薬指で叩くように馴染ませるのが正解です。
焦らずに時間をかけて丁寧にケアする気持ちも大切なのです。

2.ラップパックで効果アップ

シズカゲルを塗った後に市販のラップを使ってパックをするのも方法です。
口や鼻などの呼吸に必要な部分に穴をあけ、ラップを使って保湿を行うのです。

ラップをすることで肌に馴染むまでの時間を確保できるのがポイントになります。
注意したいのは長時間のラップは蒸れなどの原因になるためマイナスになる可能性があることです。

お風呂上りなど血行が良いときに5分程度を目安に行うのが理想的で、余り長時間行うとマイナスの効果が目立ちやすくなります。

メーカー側も長時間のパックとの組み合わせを想定していないため、重ねづけで叩いて馴染ませるのが難しいときなどに代用する感覚で使うのがおすすめです。

肌の刺激を減らしたいときや、手間を減らすテクニックとして利用していくのも方法です。

まとめ

まとめ
シミだけでなくシワ対策に使えるシズカゲルですが、その他の乾燥対策と組み合わせるとさらに効果を実感しやすくなります。

シズカゲルの使い方自体に工夫を加えるのもおすすめで、忙しい人でも使いやすいテクニックも存在します。

やり過ぎがマイナスになることもあるため、程よくてを加えながら利用するとさらに満足度がアップすることが多いのです。

シズカゲル 口コミもチェック!

シズカゲル